Apache Impala 用の SQL エディター

Published on 30 April 2020 in Querying / Version 4.8 - 2 minutes read - Last modified on 07 May 2020 - Read in en

Impala SQL

Apache Impala はデータウェアハウスのための高速な SQL エンジンです。3分で簡単に試してみませんか?その方法は以下の通りです!

Impala を開始する

まず、システムに docker がインストールされていることを確認してください。次に、Apache Apache Kudu の素晴らしいチュートリアル (これは次回取り上げますが、Kudu Quickstart は一見の価値があります) に基づいて次のように実行してください:

docker run -d --name kudu-impala -p 21000:21000 -p 21050:21050 -p 25000:25000 -p 25010:25010 -p 25020:25020 --memory=4096m apache/kudu:impala-latest impala

その後、docker ps は次のように表示するはずです:

> docker ps
CONTAINER ID        IMAGE                       COMMAND                  CREATED             STATUS              PORTS                                                                                                                              NAMES
fe7b68d167b3        apache/kudu:impala-latest   "/impala-entrypoint.…"   4 seconds ago       Up 3 seconds        0.0.0.0:21000->21000/tcp, 0.0.0.0:21050->21050/tcp, 0.0.0.0:25000->25000/tcp, 0.0.0.0:25010->25010/tcp, 0.0.0.0:25020->25020/tcp   kudu-impala

あとは、実行中のコンテナに入って SQL シェルを実行するだけです。

> docker exec -it kudu-impala impala-shell

Starting Impala Shell without Kerberos authentication
Opened TCP connection to fe7b68d167b3:21000
Connected to fe7b68d167b3:21000
Server version: impalad version 3.3.0-RELEASE RELEASE (build 0f840c5a0f5e673c67cbd482e62065fd47b98e1a)
***********************************************************************************
Welcome to the Impala shell.
(Impala Shell v3.4.0-SNAPSHOT (b0c6740) built on Thu Oct 17 10:56:02 PDT 2019)

When you set a query option it lasts for the duration of the Impala shell session.
***********************************************************************************

そして、いくつかのSQL命令を実行してみます:

[fe7b68d167b3:21000] default> show tables;
Query: show tables
Fetched 0 row(s) in 0.36s
[fe7b68d167b3:21000] default> create table a (a int);
Query: create table a (a int)
+-------------------------+
| summary                 |
+-------------------------+
| Table has been created. |
+-------------------------+
Fetched 1 row(s) in 1.31s

[fe7b68d167b3:21000] default> insert into a values (1);
Query: insert into a values (1)
Query submitted at: 2020-04-30 17:42:59 (Coordinator: http://fe7b68d167b3:25000)
Query progress can be monitored at: http://fe7b68d167b3:25000/query_plan?query_id=cb410a4f8b0b0d6a:1a8a909e00000000
Modified 1 row(s) in 1.60s

[fe7b68d167b3:21000] default> select * from a;
Query: select * from a
Query submitted at: 2020-04-30 17:43:08 (Coordinator: http://fe7b68d167b3:25000)
Query progress can be monitored at: http://fe7b68d167b3:25000/query_plan?query_id=7242c5151534b8db:bef9c91000000000
+---+
| a |
+---+
| 1 |
+---+
Fetched 1 row(s) in 0.33s

[fe7b68d167b3:21000] default> exit

SQL エディター

クエリアシスタントを使って SQL を入力すると、さらに生産性が高まります。

上記の docker ps でコンテナのIDを取得して、そのIPアドレスを取り上げます。

> docker inspect -f '{{range .NetworkSettings.Networks}}{{.IPAddress}}{{end}}' 638574b31cd6
172.17.0.2

Impala はHueと密結合されているので、hue.ini にはコンテナのホスト名を設定するだけです。

[impala]
server_host=172.17.0.2

そして Hue をリスタートすると、エディターが表示されます。

Hue Impala SQL Editor

SQL 体験の詳細については、こちらのブログ記事 をご覧ください。

フィードバックやご質問はありますか?こちら、またはフォーラム and quick start で気軽にコメントして、SQLクエリのクイックスタートをしましょう!

Romain from the Hue Team


comments powered by Disqus

More recent stories

23 June 2020
Grafana ダッシュボードによる Hue アクティビティの監視
Read More
22 June 2020
継続的インテグレーションにより JavaScript モジュールの互換性ライセンスと絶対パス以外のチェックを自動化
Read More
19 May 2020
セキュアクラスターで新規ユーザーに Ranger の権限を与える方法
Read More