コンテナーアプリをパッケージとして配布する

Published on 19 April 2021 in Version 4.10 / Development - 2 minutes read - Last modified on 29 April 2021 - Read in en

Kubernetes アプリケーションの Helm チャートを作成して公開します。

HelmKubernetes のパッケージマネージャであり、アプリを簡単に公開できるようにすることで、3行でインストールできるようになります。 例えば、 Hue SQL Editor の場合:

helm repo add gethue https://helm.gethue.com
helm repo update
helm install hue gethue/hue

3-step process of packagingパッケージングの3ステッププロセス

Helm の世界では、チャートは Python や JavaScript の世界での伝統的なパッケージやモジュールと同義語です。

チャートを構築するには、Helm チャートのルートから package コマンドを使用するだけです。 Hue Helmディレクトリ を例に説明します。

cd hue/tools/kubernetes/helm/
helm package hue

その後、外部にパブリッシュし、インデックスを作成し、 Helmリポジトリ で公開します。Helm リポジトリはシンプルな静的Webサーバーで構いません。

例えば、Apacheサーバーの場合、ホストにコピーします。

scp hue-1.0.1.tgz [email protected]:/var/www/helm.gethue.com

次に、サーバーに接続し、パッケージをインデックスします。

ssh [email protected]
cd /var/www/helm.gethue.com

helm repo index .

注: これらは手動のステップですが、当然ながら自動化できます。 また、サーバーのログをチェックして、何人がインストールしたかをすることもできます。

そうすると、ユーザーは ローリングアップグレードメトリクストレースなどのKubernetesの機能を活用できるようになります。

Happy Helming!



ご意見やご質問はありますか? ここやディスカッション で気軽にコメントし、SQLクエリ のクイックスタートをしてください!

Romain from the Hue Team


comments powered by Disqus

More recent stories

23 April 2021
ユーザーに資格情報キーを与えずにS3ファイルへの適切なアクセスを提供する
Read More
19 April 2021
コンテナーアプリをパッケージとして配布する
Read More
09 April 2021
SQL クエリと結果を Slack で直接コラボレートしましょう!
Read More