Hue 4.7 に含まれる予定の管理者用の改善!

Published on 07 April 2020 in Version 4.7 / Admin - 2 minutes read - Read in en

SQL クランチャーの皆さん、

今後の Hue 4.7 のリリースでは、管理者をより良くするために一連の改善がもたらされます。ここではその一部を紹介します。

Config filtering

全てのサーバーのプロパティが設定ページにも一覧されます。これは多くのパラメーターとセクションがあります。フィルターを用いてこれらをスポットライト検索することができます。

Admin user statuses

ユーザーの削除フローは、削除ではなく無効化されるようになりました。(保存されたドキュメントやクエリが失われるのを防ぐためです)。ユーザー管理画面には ACTIVE と SUPERUSER のステータスが表示されるようになりました。

Active user

API インスタンスごとのアクティブユーザー数のメトリクスが改訂されました。グローバルの一意のカウンタではなく、インスタンスごとに差別化が可能になりました。詳細はこの投稿 をご覧ください。

sharing modal

ドキュメント共有は、ユーザーの適切なフルネームとアイコンを使用したより親しみやすいものに変更しました。これはQueryのGistとパブリックリンクの共有 に加えて素晴らしいコラボレーションの改善です。

フィードバックや質問はありますか?何かあれば Forum@gethue までお気軽にコメントください。quick start で SQL のクエリを楽しんでください!

Romain fromthe Hue Team


comments powered by Disqus

More recent stories

23 June 2020
Grafana ダッシュボードによる Hue アクティビティの監視
Read More
22 June 2020
継続的インテグレーションにより JavaScript モジュールの互換性ライセンスと絶対パス以外のチェックを自動化
Read More
19 May 2020
セキュアクラスターで新規ユーザーに Ranger の権限を与える方法
Read More