Hue 4.9、およびその新しい SQL 方言とコンポーネントが公開されました!

Published on 02 February 2021 in Version 4.9 / Release - 3 minutes read - Last modified on 15 April 2021 - Read in en

データエクスプローラーのみなさん、こんにちは。

Hue チームは全ての貢献者に感謝し、Hue 4.9 をリリースいたします!

 

このリリースでは、Hue 4.8 に加え、これら全ての改善が加えられてました。

4.9 では前リリースに加えていくつかの改善が加えられています。すでにいくつかのブログ記事で詳しく説明していますが、ここでは一般的な概要を説明します。

まず、多くの SQL の方言のサポートが改善されました。特に Apache Phoenix, Dask SQL, Apache Flink SQL のサポートが改善されています。Docker compose 環境を使ったエンドツーエンドの完全なチュートリアルが開発されており、2回クリックするだけですぐに始めることができるようになっています。

“Flink SQL - SELECT and INSERT data into Kafka Topics”

エディタもコンポーネントに分割され、よりすっきりして再利用が簡単になっています(例: SQL パーサー、SQL スクラッチパッド…)。これにより、現在ベータ版となっている新しいバージョンのエディタが登場します。別の改善点はコネクタの導入で、SQL の方言がサーバーの再起動なく簡単に追加できるようになりました(これもベータ版です)。

2番目に、全く新しい Dask SQL 自動補完 (ISSUE-1480) とKubernetes 用の Prometheus Alerting (PR-1648) に貢献してくれたコミュニティに特別な感謝の意を表します。

Dask SQL は既存の Python ライブラリを直接 SQL 経由で呼び出すことにより、既存の Python ライブラリを活用することができます。テーブルを作成するような独自の ML モデルを作成することさえも可能です。詳細はドキュメントをご覧ください。

Flink SQL は TUMBLE() のような重要な関数のため、より洗練された構文の自動補完によってより親しみやすくなっています。

“Flink SQL - Autocomplete improvements”

自動補完も賢くなってきており、外部キーをもつテーブルのJOINを提案するようになりました。

“Foreign Keys JOINs autocomplete

Python 3 として最新化している技術スタックは最新の Docker イメージでのデフォルトになり、Django 1 から Django 2 への移植が完了しています。 (次は Django 3です)。

600以上のコミットと200以上のバグフィックスが行われています!全ての変更点の詳細はリリースノート をチェックしてください。

ぜひ手にとって試してみてください!

  • Docker
    docker run -it -p 8888:8888 gethue/4.9.0
    
  • Kubernetes :
    helm repo add gethue https://helm.gethue.com
    helm repo update
    helm install hue gethue/hue
    
  • demo.gethue.com
  • Tarball または source


フィードバックやご質問はありますか?こちら、あるいはフォーラム に気軽にコメントして quick start SQL クエリのクイックスタートをしましょう!

前に進みましょう!

Romain from the Hue Team


comments powered by Disqus

More recent stories

23 April 2021
ユーザーに資格情報キーを与えずにS3ファイルへの適切なアクセスを提供する
Read More
19 April 2021
コンテナーアプリをパッケージとして配布する
Read More
09 April 2021
SQL クエリと結果を Slack で直接コラボレートしましょう!
Read More