Hue 4.8 とその改善点が公開されました!

Published on 23 September 2020 in Version 4.8 / Release - 2 minutes read - Last modified on 29 September 2020 - Read in en

データ探検家の皆さん、こんにちは。

Hue チームは全ての貢献者に感謝し、Hue 4.8 がリリースできたことを喜ばしく思っています。

 

子のリリースでは、4.7 に加えて以下の改良が行われています。

  • SQL Editor
    • Apache Flink, Phoenix, SparkSql SQL 派生言語の初期サポート
    • Apache Calcite の文法の改善を簡単にするためのパーサーのリファクタリング
    • 外部キーを他のテーブルへのリンクとして持つ SQL テーブルのエンティティ関係図
    • クエリ共有とSQL Gist の連携を強化
  • API
    • 新しいコンポーネントフレームワークでピースをクリーンかつ再利用可能なものに
      • SQL テーブルのERD図
      • パーサー: SQL クエリをトーカナイズするために JavaScript を再利用
    • REST API: ‘SQL クエリの実行’, ‘S3 のファイルの一覧やダウンロード’ のようなアクションを呼び出す
    • セキュアクラスターで Apache Knox でログインする方法
  • 開発
    • Docker / Kubernetes / Grafana の設定を更新
    • 継続的インテグレーション: Python lint, コミットメッセージのチェック, JavaScript のライセンス
    • 簡素化されたオンボードの体験
  • プレビュー
    • エディターv2, コネクター、Python3 がベータ版に

600以上のコミットと200以上のバグフィックスがあります。全ての変更点の詳細についてリリースノートをご確認ください。

ぜひ手に取って試してみて下さい!

  • Docker
    docker run -it -p 8888:8888 gethue/4.8.0
    
  • Kubernetes :
    helm repo add gethue https://helm.gethue.com
    helm repo update
    helm install gethue/hue
    
  • demo.gethue.com
  • Tarball または source


フィードバックや質問はありますか?このページや Forum にコメントください。quick start すぐに SQL のクエリを始められます!

Onwards!


comments powered by Disqus

More recent stories

30 September 2020
HueのSQLエディタのKubernetesのデータベースへの接続をクイックチェックする
Read More
23 September 2020
Hue 4.8 とその改善点が公開されました!
Read More
15 September 2020
SQL クエリの改良:Phoenix, Flink, SparkSql, ERD テーブル...
Read More