継続的インテグレーションにより JavaScript モジュールの互換性ライセンスと絶対パス以外のチェックを自動化

Published on 22 June 2020 in Administration / Version 4.8 - 2 minutes read - Last modified on 23 June 2020 - Read in en

インターフェースビルダーの皆さん、こんにちは。

Hue プロジェクトのリソースと品質のスケールを支援するために、継続的インテグレーション (CI) と自動化への投資を継続して行っています。この1年では、統合されたコミットフロー と、Circle CI によって自動的に実行される一連のリンクチェックを追加することで、多くの改善が行われました。

ここでは、JavaScript の成果物が正しいライセンスを持ち、絶対パスが含まれていないことを自動的にチェックする方法についての最新情報をご紹介します。

ライセンス

Hue は Apache 2 ライセンスのプロジェクトであり、他のプロジェクトに貢献したり、他のプロジェクトへの組み込みが容易にできます。一つの注意点として、GPLやLGPLのような、寛容ではないライブラリをバンドルしないように注意する必要があります。それらを見逃さないようにするために、新しい check-license は、すべての JavaScript モジュールが互換性があるかどうかを検証しています。

npm run check-license

これは、簡単に Hue CI に簡単に統合されます:

- run:
    name: run npm license checker
    command: |
      cd /usr/share/hue
      npm run check-license

ci nmp license checker

絶対パス

ビルド機の完全なファイルパスを含んだリソース成果物を出荷しないことは良い習慣です。これにより、成果物は移植性があり、不要な情報を漏らさないことを保証するのに役立ちます。

Hue は既に removeNPMAbsolutePaths スクリプトを活用していますが、しかし、これには Vue.js によって導入されたパスが抜けていました。最近この問題に対処するため、短い追加のチェック check-absolute-paths が追加されました。

npm run check-absolute-paths

そして、CI にも追加されました。

- run:
    name: run npm absolute path detection
    command: |
      cd /usr/share/hue
      npm run check-absolute-paths

このようにすることで、より多くの開発時間を後に取っておくことができます!

お好みの CI プロセスは何ですか?フィードバックはありますか?お気軽にこのブログや@gethueまでコメントしてください!


comments powered by Disqus

More recent stories

30 September 2020
HueのSQLエディタのKubernetesのデータベースへの接続をクイックチェックする
Read More
23 September 2020
Hue 4.8 とその改善点が公開されました!
Read More
15 September 2020
SQL クエリの改良:Phoenix, Flink, SparkSql, ERD テーブル...
Read More