Docker を用いて 3分間で Hue の開発環境をクイックスタート

Docker を用いて 3分間で Hue の開発環境をクイックスタート

データベースとデータウェアハウスの使用を単純化することをお探しですか?あるいはクラウドウェブアプリの構築方法を学習していますか? Hue が素晴らしい候補になるでしょう!

一般的に開発はネイティブに行われますが、Dockerを使用してすぐに始める簡単な方法は以下の通りです。

 

git clone https://github.com/cloudera/hue.git

cd hue

cp desktop/conf/pseudo-distributed.ini.tmpl desktop/conf/pseudo-distributed.ini

続いて [[database]] セクションを編集して適切なデータベースを指定します。ここでは Mysql を指定しています。

host=127.0.0.1 # Not localhost if Docker
engine=mysql
user=hue
password=hue
name=huedb
次にローカルの Hue のソースコードを実行中のコンテナーにマッピングします。(つまりローカルの編集内容が実行中の Hue に表示されるようにします)
sudo docker run -it -v $PWD/apps:/usr/share/hue/apps -v $PWD/desktop:/usr/share/hue/desktop -v $PWD/desktop/conf/pseudo-distributed.ini:/usr/share/hue/desktop/conf/z-hue.ini --network="host" gethue/hue

その後 http://127.0.0.1:8888 を開きます!

注: Docker コンテナの実行ごはコードの変更は表示されません。このため、Hue で次の行を書き換えて、Hue が開発サーバーモードで開始されている必要があります。

./build/env/bin/hue runserver 0.0.0.0:8888

また、これはPython コードの変更時に自動で再起動します。例えば JavaScript ではそれらがコンパイルされる必要があります。

 

0 Comments

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*