エディタ

Hueのエディタの目標は、データの検索を簡単かつ生産的にすることです。エディタまたは Notebook モードで利用可能です。

エディタは Apache Hive と Apache Impala (incubating) に重点を置いていますが、以下とも互換性があります:

エディタの実際のビデオは次の通りです:

SQL

主な特徴:

エディタのレイアウト

 

HiveServer2、Impalaなどを示すようにhue.iniでHueが示すように設定します。例えば、

[beeswax]
  # Host where HiveServer2 is running.
  hive_server_host=localhost

[impala]
  # Host of the Impala Server (one of the Impalad)
  server_host=localhost

[notebook]
  [interpreters]]
    [[[mysql]]]
       name=MySql JDBC
       interface=jdbc
       ## Specific options for connecting to the server.
       ## The JDBC connectors, e.g. mysql.jar, need to be in the CLASSPATH environment variable.
       ## If 'user' and 'password' are omitted, they will be prompted in the UI.
       options='{"url": "jdbc:mysql://localhost:3306/hue", "driver": "com.mysql.jdbc.Driver", "user": "root", "password": "root"}'

 

Pig

http://gethue.com/hadoop-tutorial-language-assistant-in-pig-editor-with/で詳細をご覧いただけます。

 

Spark

バッチ

これは任意のJarまたはPythonの jar/スクリプトをクラスタに投入する簡単な方法です。詳細はこちらをご覧ください。 http://gethue.com/how-to-schedule-spark-jobs-with-spark-on-yarn-and-oozie/.

インタラクティブ

Hueは対話的なScala、Python、Rスニペットのために Livy に依存しています。for the interactive Scala, Python and R snippets.

Livyは当初Hueプロジェクトで開発されましたが、多くの牽引を受けてlivy.ioで独自のプロジェクトになりました。

その他のエンジン

MapReduce、Java、Shell、Sqoopなどの他のモードも利用できます。利用したい任意のエンジンのコネクタを作成する方法に関するチュートリアルは開発中です。